新型コロナウイルス感染症の影響による失業や就労収入が減少された方に対する事業「緊急就労支援」について

この事業は、新型コロナウイルス感染症の影響により失業された方等に対して、緊急的に就労を支援するための事業です。

○チラシダウンロード →  事業所の方 緊急就労支援事業事業所様向けチラシ
                求職者の方 緊急就労支援事業求職者様向けチラシ

○支援対象 : 新型コロナウイルス感染症の影響による失業者等(※生活就労支援センター「まいさぽ」が就労を支援する方です)
○助成額  : 雇用開始日から2か月間の就労に対する賃金の2/3 (上限:192,000円)
○実施開始 : 令和2年6月1日から
○その他  : 就労希望者の紹介及び就労中の窓口は、まいさぽが行います。

①相談者に本事業を紹介
新型コロナウイルス感染症の影響を受け、生計維持や日常生活が困難となっている方に本事業を紹介します。

受け入れのお願い
協力いただける事業所等に就労を希望する相談者を紹介し、就労の受入れについてお願いします。(承諾の際は「受入承諾書」を提出いただきます。)雇用形態は問いません。 

賃金の2/3を助成
就労後、助成対象期間の賃金の2/3が長野県社会福祉協議会より助成されます。(まいさぽに「助成金請求書」を提出します。)

就労のイメージ 
<異分野への就労に挑戦>会社の業績が悪化し解雇となった。これを機会に会社勤めではなく農業に従事したい。
<休業期間中のアルバイト希望>旅館に勤務しているが、当面の間休業となり、この期間の収入を得るためにアルバイトをしたい。
<本業と兼務しながらの就労>個人事業を営んでいるが、請負の減少で収入が足りないため兼務で仕事をしたい。

☆受け入れを検討していただける企業様へ
*この事業は、雇用開発助成金と併用ができます
*詳しい制度説明は、まいさぽの相談員が訪問して説明させていただきます

問い合わせ先:生活就労支援センターまいさぽ東御
TEL:0268-75-0222 E‐MAILmaisapo@tomisyakyo.or.jp

※本事業は「長野県あんしん未来創造プロジェクト」として実施しています。